What's Digital Telopper?

デジタルテロッパーは、株式会社エンティスが開発した、インターネット経由で取得した文字情報をリアルタイムにデジタル映像に重ね合わせて表示するデバイスです。

その第1弾製品となるのが、株式会社ニワンゴが運営する「ニコニコ実況」のコメントと地上デジタル放送の映像をHDMI接続により重ね合わせて表示することのできる「デジタルテロッパ EN-NL1068」です。

ファームウェアのアップデートにも対応しており、対応するインターネットサービスも「2ちゃんねる」「Twitter」と増やしています。



Why Digital Telopper?

一般にテレビ放送を受信するTV機器は、放送画面上に文字その他を重ねることが禁止されています。

「放送番組及びコンテンツ一意性の確保」すなわち「放送番組及びコンテンツの表示中に、それと全く関係がないコンテンツ等を意図的に混合、または混在提示しないこと。」(ARIB規定)

そのため、ニコニコ動画のような画面上にコメントを表示することは、チューナーを搭載した一般のTV機器では現状実現できません。機器の機能として文字などを表示する場合は、地デジのデータ放送のように画面を縮小し、空いたスペースに表示することになります。

これではTVがせっかくフルHD(1080P)対応として高画質や大画面を謳っても、コメント付きで楽しむには画面を小さくする、すなわち視聴体験を劣化させることになります。

デジタルテロッパは、HDDレコーダーなどのチューナー搭載機器からテレビ信号を受け取り、テレビ画面とネットワークから取得した文字コンテンツをデジタル処理をして合成、テレビに再出力することで、テレビ放送画面上への文字表示を実現しています。

Digital Telopper Style

TVを観るスタイルはパソコンとは異なります。パソコンに”向かう”とは言いますが、TVは”向かう”のではなくやはり”観る”ものです。

「TVとネットの融合」というキーワードで語られる機器のイメージには”TVに向かわせる”という意図がみられますが、デジタルテロッパは”ネットTVを観る”スタイルを提案しています。

リラックスしていつも通りにTVを観るスタイルで、同じ番組を観ている人たちのコメントを通して同じ時間を共有し楽しむ。今までと同じスタイルでありながら、まったく異なる新たな視聴体験を提供します。

EN-NL1068製品情報へ